contents

新企画「吉田皿屋トレジャーハンティング」が始まります

photo / text = ハマノユリコ 気分は目利き!埃にまみれてお宝を探す「吉田皿屋トレジャーハンティング」 肥前吉田焼の産地で、新たな企画が動き出しています。その名も「吉田皿屋トレジャーハンティング」。 古い倉庫に眠る在庫の山から、目利き気分でお宝の器をゲットしようという、 楽しみながらお得感も味わえるイベントが、陶磁器問屋「ヤマダイ」(大渡商店)で2016年11月9日からスタートします。 グランドオープンに先駆けて行われたプレイベント参加し、実際にトレジャーハンティングを体験してきました。 嬉野吉田皿屋地区は、窯元・商社計8社で肥前吉田焼を守り続ける小さな産地ですが、その中で唯一の卸商社が、創業150年の老舗陶磁器問屋「ヤマダイ」です。海外との貿易が栄えた明治時代には、肥前の焼き物商社として販路拡大に貢献しました。 そんなヤマダイの倉庫には、歴代の当主が買い付けた年代物の器が多数眠っており、吉田皿屋トレジャーハンティングでは、この中から宝探しのようにお気に入りの器を探し、カゴいっぱいに詰めて持ち帰ることができます。   トレジャーハンティングの楽しみ方 肥前吉田焼窯元会館の駐車場に車を停めたら、トレジャーハンティングのチラシをもらって、会場へのマップをたよりに歩くこと約2分。受付を済ませたら、指定のカゴを持って、いよいよトレジャーハンティングスタートです。 歴史あるヤマダイの倉庫は、土壁が残る昔ながらの古い木造で、とても風情があります。 倉庫内に入ったら、まずはぐるりと見回して、普段はなかなか入ることのできないこの空間を堪能してください。ワクワクと気持ちが高まってくるのを感じませんか? 体験参加された皆さんも、「吉田にこんなところがあったんですね」と興味津々。「カッコいい!」「すごーい」と感嘆の声があがりました。 デッドストックの中には一般には出回らない仕掛品などレアな器も! ヤマダイは商社なので吉田焼に限らず、有田焼や伊万里焼、波佐見焼など、歴代の当主が仕入れたさまざまな器が残っているのですが、時には面白い商品にも出合います。そのひとつが牛丼のチェーン店「吉野家」の業務用食器。かつて吉野家の牛丼のどんぶりや湯呑みなどを請け負っていた窯元の廃窯に伴い、引き取った商品の一部などが混ざっているようでした。 また、有田焼は割烹食器を主に作ってきた歴史が