肥前吉田焼デザインコンペティション | 結果発表

kekka_title

2016 テーマ:「小さな磁器産地、吉田焼の未来を拓く」

応募総数167点、全国から集まった応募作品の中から2016年11月15、16日に作品審査を行い、
グランプリ 1 点、準グランプリ 1 点、優秀賞 4 点、産地賞 4 点の計 10 点の受賞作品が決定しました。
審査基準の観点で準グランプリは 2 点から 1 点に、優秀賞は 2 点から 4 点に変更されました。

2017.2.25  商品画像を公開致しました。

 

グランプリ | 1点

プライベートロースター
作品名 「PRIVATE ROASTER」
受賞者 807 DESIGN / 濱名 剛
コンセプト:
肥前吉田地区は伝統と実績がありながらそれにとらわれない多様な製品を創り出す事のできる産地である。 肥前吉田焼は目立ちすぎず自然に人々の生活に必需品として馴染む、広告的ではなく実用的な道具として存在しており実にスマートである。その印象を大事に伝えることのできる、日用品でありながら生活を少し豊かに変化させるきっかけとなるプロダクトを提案する。目新しい道具ではないが、現状は非常に選択肢が少ない製品である。すでにある日常を少し延伸できる、肥前吉田焼の慎ましくも可能性と実力の高さを伝えられる道具を創造する。
デザイナープロフィール:
807 DESIGN
濱名 剛

hamana

プロダクトデザイナー。
家具を中心とした生活道具などの企画・デザインをする。
美術大学在学中にヘルシンキ芸術大学(現・アアルト大学)に交換留学。
木工や金属加工などの経験をした上で、デザイナーとして家具インテリアブランドに勤務。小物、個人宅から、商業施設、宿泊施設や文化施設の特注家具や照明など多分野多岐にわたる案件のデザイン・設計を担当する。在勤中より並行して個人でデザイン・設計を請負い、2016年8月より807DESIGNとして独立。
使う、売る、作る、立場を変えてモノに関わる多くの視点からプロダクトを思考する。

審査員の評価を見る

入賞したデザイナーと窯元はデザイン調整や製造プロセスなど、生産にむけた協議を行い、約3ヶ月にわたり商品開発を進めてきました。
本ページに掲載の商品画像は、2⽉下旬に完成したばかりの試作品です。
※ 量産体制に向けた改良のため、デザインおよび仕様は変更される可能性があります。●嬉野と東京の2会場でお披露目 「肥前吉田焼デザインコンペティション成果発表展」のお知らせ