肥前吉田焼デザイン・スクール|開催概要

肥前吉田焼デザイン・スクールとは

「肥前吉田焼デザイン・スクール」は、佐賀県嬉野市の小さな磁器産地に滞在し、商品開発に本気で向き合う2泊3日の短期スクール・プログラムです。

佐賀県嬉野市の山間にある小さな集落、吉田。1577年、吉田村を流れる羽口川の上流、鳴谷川の川底で白く光る陶石を発見したことをきっかけに、「肥前吉田焼」が始まったといわれています。肥前とは佐賀・長崎にまたがる地域のかつての呼称で、有田焼、伊万里焼、波佐見焼など現在も多くの窯元が残る陶磁器の産地です。
戦後は、うれしの茶を特産とする地域の特性を生かし、茶器を製造する窯元も多く、昭和の食卓の象徴のような水玉模様の急須や湯のみは、肥前吉田焼の代表的な商品のひとつとなりました。豊かな自然の中で、暮らしに寄り添うやきものを真摯に作り続ける職人たち。今、吉田では、歴史や伝統により培われた技術を守るだけでなく、新たな可能性を模索する動きが生まれています。

2016年に初開催した「肥前吉田焼デザインコンペティション」もそのひとつ。たくさんの人との出会いによる発想の種が、この小さな産地で育まれ、芽吹き始めています。そして本年度は「肥前吉田焼“ACT”project」と銘打って、外部クリエイターの方々を迎え、産地事業者が自ら活発(ACT-ive)に行動(ACT)し、様々な方々と相互作用(inter-ACT)することで新しい反応(Re-ACT)を生み出す活動(ACT-ion)を行っています。

その一環として、商品開発に関わる若手クリエイターのみなさんに向け、2泊3日の「肥前吉田焼デザイン・スクール」を開講することにしました。グローバルに活躍するプロダクトデザイナー 安積 伸氏を講師に迎え、佐賀県嬉野市の小さな磁器の産地「肥前吉田焼」にて、磁器製造の現場見学から工程を学び、窯元とともにグループ・ワークショップを行います。400年におよぶ磁器の産地にて、企画立案からデザイン、さらにプロモーション戦略や販路を視野にいれた商品開発プロセスを学び、スキルアップ目指すとともに、国内で活動する同世代のクリエイターとのネットワークが拡がります。

テーマ

磁器の道具(仮)

対象

若手デザイナー、コンセプター、マーケッターなど商品開発に携わる方、個人作家、また、将来前述の職業を志望の方

スケジュール

2017. 11.6 Mon 11.8 Wed

参加申込期限 2017.10.20 Fri

 

参加料

3,000 円 (税込)

懇親会等の飲食代として

現地までの交通費および宿泊費は自己負担にてお願いいたします。
ご希望者には、嬉野温泉の宿泊ホテル、旅館を紹介いたします。

 

定員

25

応募者多数の場合は、
早期締切の上事務局にて選考を予定しています。

デザイン・スクール参加申込みフォーム

デザイン・スクールに参加される場合は、
参加申込及び参加料の納付が必要です。

 

会場

肥前吉田焼窯元会館他 周辺産地内事業所

佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁4525-1

プログラム

11.6 Mon PM 入学ガイダンス
磁器製造現場の見学会
11.7 Tue AM オリエンテーション
グループ・ワークショップ
PM グループ・ワークショップ
講評会、懇親会
11.8 Wed AM  トークセッション、修了式
PM 希望者向けオプショナルツアー

集合時間: 11月6日 13:00

集合場所: 肥前吉田焼窯元会館
(嬉野温泉バスセンターから無料送迎バスあり)

住  所: 佐賀県嬉野市嬉野町吉田丁4525-1 MAP

無料送迎バス発車時間:
12:45 嬉野温泉バスセンター発 ー 13:00 肥前吉田焼窯元会館着
嬉野温泉バスセンター: 嬉野市嬉野町大字下宿乙2202-55 MAP

解散時間: 11月8日 12:00
(希望者は午後オプショナル・ツアーあり)

解散場所: トークショー会場(224 shop+saryo)
住  所: 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙909 MAP

希望者には、 11月8日午後にオプショナル・ツアー(泉山磁石場、佐賀県窯業技術センターなど)があります。16:00 JR有田駅にて解散を予定しています。

講師/メンター

1965 年神戸生まれ。 京都市立美術大学卒業。
(株)
 NEC デザインセンター勤務を経て、 1994 年 RCA (英国王立美術大学)修士課程修了。1995 年から 10 年間デザインユニット「AZUMI」として活動後、 2005 年に個人事務所「a studio 」を設立。
以降
Magis (伊) 、 lapalma (伊) 、 Tefal (仏) 、Authentics (独) 、 Bernhardt (米) 、イトーキ(日) 、 TOA (日) など、国際的な企業と協働している。
また近年は、大阪芸術大学客員教授、京都市立芸大、広島市立大非常勤講師、ヴィトラ・デザインミュージアム・ワークショップ講師としての指導や、ベオグラード・デザインウィークやイスタンブール・デザインウィークなど、国際的な場での講演活動も行っている

安積 伸
a studio 代表

プロダクトデザイナー
法政大学 デザイン工学部 システムデザイン学科教授

1972年長崎生まれ。芝浦工業大学建築工学科を卒業後、1996年渡伊。ミラノにおいて幾つかの建築・デザイン事務所勤務を経て、2005年に帰国。2006年FUMIAKI GOTO design設立し、東京と長崎を拠点にデザイン活動を再開。家具から日用の小物にいたる生活の道具を 「作る」行為の結果生まれるコトまでを含めデザインを提案している。2008年より浦田進一氏らと共に、“本”をテーマにしたプロダクトを提案するプロジェクト『APARTMENT』の企画・運営を開始。 デザイン業務と並行して、2011年に八木沼修氏と共に“デザインする問屋”ユニット『五八PRODUCTS』を立ち上げ、モノ作りからユーザーのもとへ届くまで流通も含めトータルでデザインするという視点で、販路の開拓とその企画、個人や地域へのコンサルタントなども行っている。

224 porcelain デザイナー

五島 史士
FUMIAKI GOTO design 代表

プロダクトデザイナー
五八PRODUCTS
芝浦工業大学 非常勤講師 

1972年東京生まれ。1995年日本大学海洋建築工学科卒業。
1998年同大学海洋建築工学科修士課程修了後、設計事務所にて、住宅、商業施設、事務所ビル、都市計画など多岐にわたり設計・監理に従事。
2011年に独立し「AKIRA MABUCHI DESIGN」を設立する。
建築、インテリア、空間デザインにとどまらず、プロダクトの企画やデザイン、ブランディングなど、素材/空間/人/地域のもつ魅力、背景を引き出し、それらの可能性を築き伝えるために様々な視点をもって活動している。

224 porcelain デザイナー

馬渕 晃
AKIRA MABUCHI DESIGN 代表

プロダクトデザイナー

モデレーター

1971年埼玉県生まれ。大学院修了後、(株)GK設計に入社し、都市・環境デザインを担当。 2005年消費者起点の商品開発WEBサイト「空想生活」を運営するエレファントデザイン(株)のDTO(Design To Order)事業兼制作部長として、Switch! the design projectなどを手がける。 2007年プロモダクション設立。企画・デザインからプロモーションにいたる商品開発、ブランド構築コンサルティングを行う傍ら、日経デザイン他、様々なメディアへの出演や執筆、セミナーや講演活動を行う。 2014年6月より2017年3月までの任期にて、有田焼創業400年事業の一環で、佐賀県窯業技術センターの特別研究員に就任。同センターの機能強化、これからの産地でのものづくりのあり方を提言。 2017年4月より、同センターの外部アドバイザーに就任。

企業と消費者の橋渡し役として、作り手の想いを広く伝えるため、商品開発(プロダクション)と販売促進(プロモーション)の両面から、ものづくりをサポートするデザイン・ディレクターとして活動している。

浜野 貴晴
promoduction 代表

デザインディレクター
佐賀県窯業技術センター 外部アドバイザー

参加窯元

副武製陶所 副島 淳
   江口製陶所 江口 直人
新日本製陶 大串 都
   副久製陶所 副島 久洋
   副正製陶所 副島 孝信
   副千製陶所 副島 謙一
224porcelain(辻与製陶所) 辻 諭

 

参加申込はこちら [申込みフォーム]

主催: 肥前吉田焼デザイン・スクール事務局(肥前吉田焼窯元協同組合、嬉野市)
後援: 一般財団法人地域総合整備財団(ふるさと財団)、嬉野市
協力: 佐賀県窯業技術センター
一般財団法人地域総合整備財団(ふるさと財団)平成29年度新・地域再生マネージャー事業(外部人材活用助成)