工房見学と「えくぼとほくろ」

肥前吉田焼窯元組合に所属する6窯元では、製造過程でどうしても発生してしまうピンホールや黒点などのため市場に出すことのできない「規格外品」をただ廃棄するのではなく、ご理解いただける方に各窯元の工房に併設された直営ショップでご提供する「えくぼとほくろ」の取り組みを実施しています。

「えくぼ」とはピンホールを、「ほくろ」とは生地や釉薬に含まれる鉄分により発生する黒点を指す隠語で、産地で使われている愛情のある言葉です。

ご予約制ではありますが、各窯元では工房見学も行なっています。職人の手で一つ一つ丁寧に作られている肥前吉田焼の窯元巡りをぜひお楽しみください。ただし、窯元の多くが家族経営のため、繁忙期など対応をしかねる場合もございます。直接お越しいただいてもオープンしていないこともありますので、事前に窯元会館までお問い合わせください。

<「えくぼとほくろ」のご利用には、事前予約が必要です>

予約方法|肥前吉田焼窯元組合にお電話ください。
TEL 0954-43-9411

受付時間|9:00〜17:00
※工房見学・ショップ営業時間は各窯元により異なります。

参加窯元|江口製陶所/副千製陶所/副武製陶所/副正製陶所/新日本製陶/224porcelain

お問い合わせ|肥前吉田焼窯元協同組合
TEL 0954-43-9411

えくぼとほくろ 参加窯元

新日本製陶所

特徴
整った量産体制で日用食器の製造販売を行っています。主に花柄の土瓶や急須が得意。染付、銅板転写、赤絵など手作業によるものづくりをしています。
工場見学の見所
職人さんが並んで作業しよる姿はめっちゃ壮観です。車で直接おいでくださいね。(担当:まつしたみやこ)

新日本製陶所HP

副千製陶所

特徴
肥前吉田焼の代名詞とも言える水玉模様の茶器を作っています。手彫りの「掻き落とし」の技法を応用して現在に合うデザインを開発しています。
工場見学の見所
水玉模様といえばココ!話好きな私か弟のどっちかが焼き物の魅力ばお伝えします。(担当:そえじまけんいち)

副千製陶所HP

副武製陶所

特徴
手描きにこだわったものづくりと柔軟な発想力で、生き生きとしたキャラクターが笑いを誘う器を作っています。お相撲さんやTシャツ型の箸置きが人気です。
工場見学の見所
心温まる、やさしか器づくりがモットー。お茶目な焼き物を作っとる現場ば案内します。(担当:そえじまあつし)

副武製陶所HP

224porcelain

特徴
最新の3D切削機を使い、デザインと機能性があるシンプルな焼き物を作っています。醤油を注ぐとおにぎりに見える小皿やカトラリーなどが人気。
工場見学の見所
クラフト感あるアトリエです。こじんまりとした空間やけん気軽に立ち寄ってください。(担当:つじさとし)

224 Porcelain HP

江口製陶所

特徴
染付、赤絵、青磁などの技法と丁寧な手仕事を活かして、伝統的なものから現代の生活にあったシンプルで機能的な焼き物を作っています。
工場見学の見所
広くて迷路みたいな工房は見慣れん道具も沢山ありワクワクすっとよ(担当:えぐちなおと)

江口製陶所HP

副正製陶所

特徴
グッドデザイン賞やロングライフデザイン賞を受賞。デザインに力を注ぐ一方で昔ながらの「イッチン技法」も継承した焼き物を作っています。
工場見学の見所
焼き物の歴史ば知りたか人は、ぜひ、私にお任せください!English available!(担当:そえじまたかのぶ)

副正製陶所HP

えくぼとほくろとは?

よくある質問

Q
予約なしでも「えくぼとほくろ」のショップ利用や「工房見学」はできますか?
A
ぜひ予約をおすすめします。窯元は家族経営が多く、銀行回りや納品で不在のことが多いのです。せっかくおいでくださっても不在では申し訳ないので、ぜひ、事前にご確認をお願いいたします。
Q
どこの窯元に行ったらよいか、わかりません。
A
肥前吉田焼窯元会館にお電話をいただければ、あなたにぴったりの窯元をご紹介します!0954−43−9411(田中まで)
Q
買ったものは、宅配便で送ることができますか?
A
もちろんです!送料はいただきますが、まずは、購入元の窯元もしくは肥前吉田焼窯元会館までお尋ねください。
Q
車はどこに停めればいいですか?
A
肥前吉田焼窯元会館にお停めいただき、窯元巡りをお楽しみください。江口製陶所新日本製陶所へは、直接お車でお越しください。
 
Q
予約しないでも「えくぼとほくろ」のショップにいけますか?
A
ぜひ予約をおすすめします。というのは、窯元さんは家族経営が多く、銀行回りや納品で不在のことが多いのです。せっかくおいでくださっても不在では申し訳ないので、ぜひ、事前にご確認をお願いいたします。