読みもの

ALL肥前吉田焼デザインコンペティション受賞作品designcompetitioncontents

窯元訪問:副久製陶所「Hamon」製作現場から

photo / text = ハマノユリコ   「Hamon」の施釉と水拭き工程を見学 肥前吉田焼デザインコンペティション受賞作「Hamon」の製作を担当した窯元・副久製陶所を訪問し、 Hamonプレートに釉薬をかける作業を見せていただきました。 副久製陶所は、吉田に残る窯元の中でも、昔ながらの伝統的な姿を今に伝えるフォトジェニックな工房が魅力。 産地見学会では、毎回来場者が歓声を上げて写真撮影に没頭する人気窯元のひとつです。 職人たちが作業をする上で、古い工房というのは暑かったり寒かったり、快適な環境とは言い難いのですが、 勝手ながら見学に行く我々のような者にとってはとても貴重で、 文化的な意味でも可能な限り残してほしいと願わずにはいられない風景です。 副久製陶所の主力商品が「GOSU」という藍色の絵の具を用いた染付けの商品なので、 絵付けの作業エリアを見学することはこれまでもあったのですが、 今回初めて足を踏み入れたのが、釉薬をかける作業をするエリア。 代々続く釉薬を貯めて使っているという甕の保管場所もまた雰囲気があり心を奪われます。 甕の中の釉薬をよくかき混ぜ、あんばいを調整しながら準備をしていただきました。 Hamonプレートのように溝の多い形状は、凹凸に釉薬が溜まり易いため、 水拭き作業で丁寧に高台についた釉薬を拭き取ります。この工程により表面を滑らかにする効果もあるそうです。   石膏型の精巧な美しさにみる挑戦の軌跡 Hamonシリーズは全て、圧力射込みという成形法で作られています。 カップやボウル類は、本来、機械ろくろやローラーマシンを使う方が単価も安く仕上げられますが、 プレートの溝にきちんとフィットさせるためには、同じ収縮率で製造する方が適切なため、同一の成形法を選択しています。 今回、磁器製品のデザインは初めてという若いデザイナーとベテラン窯元による商品開発で、両者とも決して饒舌ではない職人気質。 そんな二人が真面目に、そして地道に打ち合わせを重ねる真摯な姿が印象的でした。 「初めての磁器製作だったので、製造現場を見学し、素材の種類やさまざまな手法がある製造方法など一から教えていただきました。 このコンペを通して良い経験を積むことができたなと感じています」とデザイナーの足立眞緒さん。 こだわり抜いた波紋の形状、その精巧な美しさ

窯元訪問:副正製陶所「FUKURA FAMILY」「OYAKOSYUKI」製作現場から

photo / text = ハマノユリコ 「FUKURA FAMILY」「OYAKOSYUKI」の商品開発から感じたこと 今回見学に訪れたのは、肥前吉田焼デザインコンペティションをきっかけに開発された 「FUKURA FAMILY」と「OYAKOSYUKI」を担当する窯元・副正製陶所です。 肥前吉田焼の産地は、水玉の土瓶や急須などを昔から手がけていることもあり 「袋もの」を得意とする産地といわれています。 「袋もの」というのは陶磁器業界の専門用語で、主に、花瓶や急須など開口部に向けすぼまった 中空の複雑な形状のものを指し、石膏型に泥しょう(液状にした粘土)を流し込んで作る、 排泥鋳込みという成形法が主に用いられます。 「FUKURA FAMILY」も「OYAKOSYUKI」も排泥鋳込みで作られました。 (※OYAKOSYUKIこども用のカップのみ、機械ろくろ) 今回、その両方の製造を担当することになった副正製陶所の副島孝信さんは、 「どちらも注ぐという機能をもつ道具であるため、機能とフォルムを両立させることが難しかった」といいます。 「OYAKOSYUKI」のピッチャー部分は注ぐ機能が必要ですが、外形のフォルムをセット商品である酒器と 揃えなければならず、注ぎやすい形状に偏りすぎると、フォルムが揃わなくなってしまうジレンマがあったようです。 「FUKURA FAMILY」のbabyは醤油差しとして使うことを想定した注器です。 くちばしが注ぎ口となりますが、うまく液体が注げるよう、また液だれしないような形状に収めるのが難しく、 何度もデザイナーとやりとりをしながら試作し、実際に使ってみる検証作業に時間を取られ、開発は長期に渡りました。 「今回はコンペティション受賞作の商品化ということで、コンセプトを大切に取り組んでいます。 デザイナーが求める形状を実現するための技術力や発想力が問われるプロジェクトでした。 試行錯誤の連続で、生産が始まってからも、さらなる改良の研究を続けています」 残暑が厳しい夏日の取材で、窯元の工場内は外気よりも暑く、汗だくになりながら熱い想いを伺いました。

肥前吉田焼の未来を真剣に考えたデザインコンペ審査会

photo / text = ハマノユリコ 応募総数167作品!デザインのプロが半数以上を占めた本格的なコンペティション 「小さな磁器産地、吉田焼の未来を拓く」をテーマに、肥前吉田焼産地で初めて開催されたデザインコンペティションの審査会が、2016年11月15日、16日の2日間にわたり行われました。 知名度のない肥前吉田焼産地で行われた初めてのデザインコンペにも関わらず、全国から集まった応募総数はなんと167作品!応募者はフリーランスやインハウスですでにデザインに携わっている方が半数以上を占め、海外からの応募もちらほら見受けられました。応募者の皆さんの真剣な思いを受け、窯元ほか運営スタッフも今更ながら本格的なデザインコンペの開催を実感し背筋を伸ばします。 デザイン、建築、小売り、流通、メディア、作り手などさまざまなジャンルから6人の審査委員を迎えた審査会では、「実現する可能性の高い商品企画か」「吉田焼らしさをどう捉えるか」「市場性や販促効果、話題性が見込めるか」「デザインの革新性、創造性があるか」などを基準にコンセプトシートの審査を行い、グランプリ1点、準グランプリ1点、優秀賞4点、産地賞4点の計10点の受賞作品が決定しました(※)。審査委員の多角的な視野が生かされた審査会の様子をレポートします。 ※審査基準の観点で準グランプリは2点から1点に、優秀賞は2点から4点に変更となりました。   実現可能性・市場性・創造性とともに、肥前吉田焼らしさをどう捉えるかが課題 11月15日午後、審査会会場となる肥前吉田焼窯元会館の会議室に167点にのぼる応募作品のコンセプトシートと模型等のプレゼンテーション品をずらりと並べ、審査委員の到着を待ちます。 今回審査委員を務めていただくのは、h-concept代表の名児耶秀美さん、OpenA代表の馬場正尊さん、Discover Japanプロデューサーの高橋俊宏さん、ローヤル物産代表の辻武博さん、NEW TIME(中国)のディレクターArk Xieさん、肥前吉田焼窯元協同組合理事長の江口直人さんの6人。会場入りした審査委員の皆さんは、まず応募作品の多さに驚かれた様子でした。水玉の茶器が肥前吉田焼の代表作であることから、水玉をモチーフにした作品が目立ちましたが、テーブルウェアだけでなく、フラワーベースや照明、ステーショナリー、玩

新企画「吉田皿屋トレジャーハンティング」が始まります

photo / text = ハマノユリコ 気分は目利き!埃にまみれてお宝を探す「吉田皿屋トレジャーハンティング」 肥前吉田焼の産地で、新たな企画が動き出しています。その名も「吉田皿屋トレジャーハンティング」。 古い倉庫に眠る在庫の山から、目利き気分でお宝の器をゲットしようという、 楽しみながらお得感も味わえるイベントが、陶磁器問屋「ヤマダイ」(大渡商店)で2016年11月9日からスタートします。 グランドオープンに先駆けて行われたプレイベント参加し、実際にトレジャーハンティングを体験してきました。 嬉野吉田皿屋地区は、窯元・商社計8社で肥前吉田焼を守り続ける小さな産地ですが、その中で唯一の卸商社が、創業150年の老舗陶磁器問屋「ヤマダイ」です。海外との貿易が栄えた明治時代には、肥前の焼き物商社として販路拡大に貢献しました。 そんなヤマダイの倉庫には、歴代の当主が買い付けた年代物の器が多数眠っており、吉田皿屋トレジャーハンティングでは、この中から宝探しのようにお気に入りの器を探し、カゴいっぱいに詰めて持ち帰ることができます。   トレジャーハンティングの楽しみ方 肥前吉田焼窯元会館の駐車場に車を停めたら、トレジャーハンティングのチラシをもらって、会場へのマップをたよりに歩くこと約2分。受付を済ませたら、指定のカゴを持って、いよいよトレジャーハンティングスタートです。 歴史あるヤマダイの倉庫は、土壁が残る昔ながらの古い木造で、とても風情があります。 倉庫内に入ったら、まずはぐるりと見回して、普段はなかなか入ることのできないこの空間を堪能してください。ワクワクと気持ちが高まってくるのを感じませんか? 体験参加された皆さんも、「吉田にこんなところがあったんですね」と興味津々。「カッコいい!」「すごーい」と感嘆の声があがりました。 デッドストックの中には一般には出回らない仕掛品などレアな器も! ヤマダイは商社なので吉田焼に限らず、有田焼や伊万里焼、波佐見焼など、歴代の当主が仕入れたさまざまな器が残っているのですが、時には面白い商品にも出合います。そのひとつが牛丼のチェーン店「吉野家」の業務用食器。かつて吉野家の牛丼のどんぶりや湯呑みなどを請け負っていた窯元の廃窯に伴い、引き取った商品の一部などが混ざっているようでした。 また、有田焼は割烹食器を主に作ってきた歴史が

肥前吉田焼を知っていますか?産地見学会で感じた出会いの予感

photo / text = ハマノユリコ 全国から総勢約50名が参加した肥前吉田焼産地見学会 残暑厳しい8月末の昼下がり、緑豊かな山間にある肥前吉田焼窯元会館に集まる人、人、人。 肥前吉田焼デザインコンペティションの関連イベントとして企画した産地見学会に参加してくださる皆さんが、シャトルバスから続々と降りてきました。 決して交通の便が良いとはいえない嬉野・吉田の地に、本当に人が集まるだろうかという関係者一同の不安をよそに、フタをあけてみれば、定員を上回る約50名もの申し込みをいただき、大盛況の産地見学会です。 佐賀や福岡近郊だけでなく、東京、大阪、京都、北海道に鹿児島など、遠方から泊まりがけでご参加いただいた方も多く、その期待度に身の引き締まる思いがしました。 13時からと15時からの2回に分けて設定された見学会には、各回約25名が参加。それぞれ別の見学コースを回ります。窯元会館で受付をすませた参加者たちは、この日のために制作された「吉田皿屋マップ」を受け取り、いざ出発です! 13時からの回に参加した方は、辻与製陶所で染め付けと転写の現場を、副久製陶所で機械ろくろによる成型と呉須による絵付けの濃みを見学。15時からの回では、副千製陶所で排泥鋳込みと削りの説明を受け、副正製陶所で釉かけとイッチンの技法を見学していただきました。 参加された皆さんはコンペへの応募を検討いただいていることもあり、デザインを勉強している学生や教員、インハウスやフリーランスですでにデザイナーとして活動している方など、デザインに対する基礎レベルが高く、見学現場では「収縮率は?抜け勾配は?」など専門的な質問が飛び交っていました。対応にあたる窯元の職人たちにの説明にも気合いが入ります。   茶器づくりの職人技 うれしの茶を特産にもつ地域柄、吉田には土瓶や急須など茶器を製造している窯元も多く、毎日茶こし穴を開け続けて何十年という茶こし職人さんもいるほど。今回は、バラバラに成型された急須パーツの組み立て作業を見学させていただき、柔らかすぎず乾燥しすぎず絶妙な生地の状態を見計らって、手際良く接合する職人技に感嘆の声があがりました。   独自の道具が生み出す伝統技法 酸化コバルトを主原料とする絵の具「呉須(ごす)」を使い、素焼きした生地に下絵(染め付け)を施す工程で、「濃み(だみ)」と