肥前吉田焼産地の拠点、窯元会館リノベーションプロジェクト

text = ハマノユリコ 嬉野の魅力を体感できる場所 佐賀県嬉野市、吉田皿屋に点在する窯元エリアの拠点・肥前吉田焼窯元会館が、2019年1月26日、リニューアルオープンしました。 当日行われたメディア発表とオープニングの記念式典では、「開放感のある空間で嬉野の魅力を体感できる場所」として期待を寄せる声が多く、3年目となった産地活性化事業の集大成であることを感じさせます。 振り返れば、2016年度に初めて開催した「肥前吉田焼デザインコンペティション」で、外部デザイナーとの商品開発の取り組みに挑戦。老舗やきもの商社の倉庫からお宝を探す「吉田皿屋トレジャーハンティング」など新企画もスタートしました。 2017年度には「デザインスクール」を開講し、産地とクリエイターの関係を強化していきます。一方で、製造過程でどうしても生まれてしまうB品を各窯元で直販する「えくぼとほくろ」と工房見学の取り組みが、吉田を訪れるお客様への付加価値として話題を呼ぶようになりました。 そして、2018年度、満を持しての肥前吉田焼窯元会館のリニューアル計画を実行。 さて、どんなふうに変貌を遂げたのか? ご紹介していきたいと思います。   おもてなしのティースタンド 今回、外観には手を入れていないため、外から見ただけでは変わった感が伝わりにくいのですが、これまでの窯元会館を知っている方なら、エントランスに一歩足を踏み入れたとき、きっと「おおーっ」と声を出したくなるのではないでしょうか。 まず目に入ってくるカフェのようなカウンター。窯場でやきものを並べて乾燥させたり運搬に用いる皿板を再利用して制作しました。ところどころに窯元名を示す焼印があるのもご愛嬌。やきもの産地らしい風景が目に浮かびます。 壁面を飾る装飾にも、窯道具のひとつであるハマを貼り付けアートのようなビジュアルに。廃材利用とは思えない存在感です。 さらなる見所は、天井から吊り下げられたペンダントライトです。見覚えのある形状に、お気付きの方もいることでしょう。 土瓶や、丼、カップなど、各窯元の既存商品をリメイクして特別に制作した照明をインテリアとして取り入れました。 来館者のアイキャッチとなるこのカウンターは、レジカウンターとしてはもちろん、嬉野茶やスイーツを提供するティースタンドの機能も備えています。