幻想的な光をまとう特別な夜 吉田皿屋 光のイベント「ひかりぼし」

photo / text = ハマノユリコ 3500個のキャンドルが揺れる幻想的な光のアート 小さな磁器産地、肥前吉田焼の窯元が集まる吉田皿屋で、2018年10月7日と8日の2日間のみ開催されたイベント「吉田皿屋ひかりぼし」。 肥前吉田焼窯元会館前の駐車場には、約2000個の「ボシ」が並べられ、LEDキャンドル約3500個による幻想的な光のアートを披露しました。 ボシとは、陶磁器を焼成する際に使う窯道具のひとつ。 湯のみなど高さのあるものを重ねて焼成する際に、効率よく窯詰めするために用いられます。 食生活の変化により、洋皿や平皿の製造が主流となり、少量多品種での窯詰めも多く、ボシ使わずに焼成することが増えましたが、ちゃわんや湯のみなどを大量に製造する窯元では、比較的よく使われている窯道具です。 今回、このボシを使った光のイベントを企画・運営したのは、地元の窯元関係者など少数の有志。 話を聞くと皆、「大の大人が学園祭みたいなノリで」と照れ臭そう。 楽しみながら気軽にやっているようでいて、開催の日を迎えるまでの道のりは困難も多かったようです。 吉田を盛り上げていくには? 企画が持ち上がったのは約一年前。 トレジャーハンティングで人気を集めている吉田の焼きもの商社「ヤマダイ」の息子であり、 東京でグラフィックデザイナーをしている大渡大士さんと、 肥前吉田焼の窯元「224porcelain」の代表、辻諭さんの雑談から始まりました。 「吉田を盛り上げていくには、どうしたらいいか?」 この数年吉田では、「肥前吉田焼デザインコンペティション」の開催を皮切りに、外部デザイナーとの商品開発の取り組みや、 製造過程でどうしても生まれてしまうB品を意識してもらう「えくぼとほくろ」の試みをはじめ、 各窯元でのワークショップなど、肥前吉田焼の産地として生き残りをかけたさまざまな仕掛けを行なってきました。 こうした産地の活性化を一過性に終わらせず、恒常的なものとするにはどうしたら良いか。 産地を思う二人の熱い思いが、周囲を巻き込み広がっていったのが、「吉田皿屋ひかりぼし」です。 周囲の力に支えられた「ひかりぼし」 廃業した窯元から古いボシを集めて、テスト的に並べてみたのが開催の半年前、今年4月のこと。 プロモーション映像を撮影するため、1000個ほどのボシを並べて試験点灯するも、そのセッティン