窯元訪問:副久製陶所「Hamon」製作現場から

photo / text = ハマノユリコ   「Hamon」の施釉と水拭き工程を見学 肥前吉田焼デザインコンペティション受賞作「Hamon」の製作を担当した窯元・副久製陶所を訪問し、 Hamonプレートに釉薬をかける作業を見せていただきました。 副久製陶所は、吉田に残る窯元の中でも、昔ながらの伝統的な姿を今に伝えるフォトジェニックな工房が魅力。 産地見学会では、毎回来場者が歓声を上げて写真撮影に没頭する人気窯元のひとつです。 職人たちが作業をする上で、古い工房というのは暑かったり寒かったり、快適な環境とは言い難いのですが、 勝手ながら見学に行く我々のような者にとってはとても貴重で、 文化的な意味でも可能な限り残してほしいと願わずにはいられない風景です。 副久製陶所の主力商品が「GOSU」という藍色の絵の具を用いた染付けの商品なので、 絵付けの作業エリアを見学することはこれまでもあったのですが、 今回初めて足を踏み入れたのが、釉薬をかける作業をするエリア。 代々続く釉薬を貯めて使っているという甕の保管場所もまた雰囲気があり心を奪われます。 甕の中の釉薬をよくかき混ぜ、あんばいを調整しながら準備をしていただきました。 Hamonプレートのように溝の多い形状は、凹凸に釉薬が溜まり易いため、 水拭き作業で丁寧に高台についた釉薬を拭き取ります。この工程により表面を滑らかにする効果もあるそうです。   石膏型の精巧な美しさにみる挑戦の軌跡 Hamonシリーズは全て、圧力射込みという成形法で作られています。 カップやボウル類は、本来、機械ろくろやローラーマシンを使う方が単価も安く仕上げられますが、 プレートの溝にきちんとフィットさせるためには、同じ収縮率で製造する方が適切なため、同一の成形法を選択しています。 今回、磁器製品のデザインは初めてという若いデザイナーとベテラン窯元による商品開発で、両者とも決して饒舌ではない職人気質。 そんな二人が真面目に、そして地道に打ち合わせを重ねる真摯な姿が印象的でした。 「初めての磁器製作だったので、製造現場を見学し、素材の種類やさまざまな手法がある製造方法など一から教えていただきました。 このコンペを通して良い経験を積むことができたなと感じています」とデザイナーの足立眞緒さん。 こだわり抜いた波紋の形状、その精巧な美しさ

窯元訪問:副正製陶所「FUKURA FAMILY」「OYAKOSYUKI」製作現場から

photo / text = ハマノユリコ 「FUKURA FAMILY」「OYAKOSYUKI」の商品開発から感じたこと 今回見学に訪れたのは、肥前吉田焼デザインコンペティションをきっかけに開発された 「FUKURA FAMILY」と「OYAKOSYUKI」を担当する窯元・副正製陶所です。 肥前吉田焼の産地は、水玉の土瓶や急須などを昔から手がけていることもあり 「袋もの」を得意とする産地といわれています。 「袋もの」というのは陶磁器業界の専門用語で、主に、花瓶や急須など開口部に向けすぼまった 中空の複雑な形状のものを指し、石膏型に泥しょう(液状にした粘土)を流し込んで作る、 排泥鋳込みという成形法が主に用いられます。 「FUKURA FAMILY」も「OYAKOSYUKI」も排泥鋳込みで作られました。 (※OYAKOSYUKIこども用のカップのみ、機械ろくろ) 今回、その両方の製造を担当することになった副正製陶所の副島孝信さんは、 「どちらも注ぐという機能をもつ道具であるため、機能とフォルムを両立させることが難しかった」といいます。 「OYAKOSYUKI」のピッチャー部分は注ぐ機能が必要ですが、外形のフォルムをセット商品である酒器と 揃えなければならず、注ぎやすい形状に偏りすぎると、フォルムが揃わなくなってしまうジレンマがあったようです。 「FUKURA FAMILY」のbabyは醤油差しとして使うことを想定した注器です。 くちばしが注ぎ口となりますが、うまく液体が注げるよう、また液だれしないような形状に収めるのが難しく、 何度もデザイナーとやりとりをしながら試作し、実際に使ってみる検証作業に時間を取られ、開発は長期に渡りました。 「今回はコンペティション受賞作の商品化ということで、コンセプトを大切に取り組んでいます。 デザイナーが求める形状を実現するための技術力や発想力が問われるプロジェクトでした。 試行錯誤の連続で、生産が始まってからも、さらなる改良の研究を続けています」 残暑が厳しい夏日の取材で、窯元の工場内は外気よりも暑く、汗だくになりながら熱い想いを伺いました。